逆援と起死回生の出会い 逆援で起死回生の出会いを求めてます

最近の記事
起死回生の前に自分を…
10/22 12:09
あの雑誌を購入しなき…
09/23 16:30
情熱が支配する
07/05 14:23
最近のコメント
最近のトラックバック

起死回生の前に自分を見つめ直す

自分は、「第一印象」というのは見る所が外見に偏りがちかもしれないけど、会った瞬間からのフォローに掛かってる。
決して顔形がメインではないと思う。
相手の思っていることや、気持ちを瞬時に汲み取る姿勢とその実行が大事かな?
参考にしたサイトに書いてあるようにバランス良く、そしてそれらを相手にアピールできるかで、第一印象はもちろん、その後の印象も変わっていくと思います。

どんな出会いでも常識の範囲内で好印象を与える方法を取る事が必要かも知れないけど、ある程度何も考えず、ノー天気に相手に接して楽しませるってのも手かもしれません


との事です
第一印象でその人が9割も決められるとなるととても大切な事のように感じます。
第一印象を良くするためにまずは自分を見つめ直してから出会いに必死になりましょう!
投稿者 タナクス 12:09 | コメント(0) | トラックバック(0)

あの雑誌を購入しなきゃ

映画『アバター』の影響もとうとうここまで来たのか? 米プレイボーイの6月号に雑誌史上初の3Dヌードグラビアが掲載された。モデルになったのは、2010年のベスト・プレイメイトに選ばれたモデルのホープ・ドラーシク。かつてNBAのスター選手のジェイソン・キッドと交際していたこともあるホープは、173センチという恵まれた身長を生かしたヌードで読者の投票を集め、ベスト・プレイメイトに選ばれた。こんな美人のヌードが3Dになるとはまさに全男性の夢がかなった企画と言えるかもしれない。

 3Dメガネは同誌に封入されており、それを掛けるとワインを勧めるホープの姿などが浮き上がって見えるらしい。プレイボーイ誌はこの3年間で売り上げが半分以下に落ち込んでおり、今回の試みはそれを奪回する苦肉の策だという見方が有力。プレイボーイ誌の創刊者、ヒュー・へフナーは編集者としての駆け出し時代にマリリン・モンローの撮影をしたこともある人物で、当時も3Dに挑戦しようとしたが、3Dメガネのコストが高かったために断念したという経緯があった。


プレイボーイは最近店頭で見かけなくなったなぁと思ってたら意外な事をしてた!
3Dでヌードって…これは購入者続出だろ
投稿者 タナクス 16:30 | コメント(0) | トラックバック(0)

情熱が支配する

高速道路の完成でドライバーの客足ががた落ちし、窮地に立たされた店主が、一発逆転をかけて開発した一品。県産食材をふんだんに盛り込んだ具を、唐辛子の粉末を練り込んだ真っ赤な皮で包んだギョーザはネット販売で評判を呼び、今や店にも、買い求めに来る客が県内外から訪れる。


 「情熱の赤餃子(ぎょうざ)」と銘打ったギョーザは、同市岩城二古にある「奥州ラーメン」(ネット上では「餃子の餃天」)の店主外川天平(そとかわてんぺい)さん(34)が開発した。豚肉と、隠し味の蜂蜜と清酒は、原価にこだわらず県産のものを使っている。具にほんのり甘みがあり、辛い皮と相性がよい。



情熱を持って仕事で成功を掴み取ったのかな?これなら逆援のお供としても食べられそうだね!
日記 | 投稿者 タナクス 14:23 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<  2010年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ別アーカイブ
ホビダス[趣味の総合サイト]